ここはMETA情報欄 【R-18】◆GSpyI2J3e6の引きこもりルーム3号室
ここはテーブルの領域外です(PC)


〇ここは告知欄です

・AAを投下する場合はエディター等を利用するとズレの修正がしやすいですよ。

   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |             下のAAがズレない環境が標準です。             |
   |________________________________|
   |                  |                     |                     |
   | ズレてない?  __   |  ジャー     ____   |  正確に!          |
   |  /⌒ヽ     |;;lヽ::/|  |  ∧_∧   /__ o、 |、 |   ∧,,,∧           |
   | ( ^ω^)∫. .|;;|:: :|~|  | ( ´・ω・)ノ .ii | ・ \ノ .|  (;`・ω・)   。・゚・⌒)  .|
   | (  つc□  i===i=i|   | ( o     旦| ・.. ..|  |  /  o━ヽニニフ))  │
   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
   | |   珈琲の方       | | |   御茶の方       | .| |   炒飯の方       | .|


〇実装している(はずの)プラグイン機能
(1)Be.2chリンク表示、(2)BE(HS)っぽいもの、(3)BEアイコン表示、(4)画像表示機能※1、(5)出会いスパムキャンセラー、(6)スパムキラー
(7)特殊強調表示機能※2、(8)助けるよ※3、(9)ダイス※4、(10)スレッド別最大レス数※5、(11)スレ主専用コマンド※6、(12)色替え機能※8
(12)パルプンテ詠唱機能※7、(13)変身※9、(14)砲撃機能※10、(15)召喚機能※11、(16)ガチャ機能※12

※01:画像URLをimgタグへ変更
※02:先頭に>,#,# の付いた行を強調表示
※03:名前欄に「tasukeruyo」を記入するとUAを表示
※04:名前欄か本文中に「!xDy」や「!xdy」(yつ目ダイスをx回)を入力するとダイスが振れます。例:「!1D100」、「!2d6」等々
.    最大目数は10,000、一度に振れる上限は100
※05:スレ立て時に、メール欄へコマンド「!maxres:」と設定レス数、掲示板毎のキャップパスワードを入力することで使用出来ます。
.    掲示板毎のローカルルールをご参照。
※06:スレ主専用のコマンド。>>1と同じホスト名(または端末識別子)のみ実行可能。あるいはスレ立て時、
.    メール欄に「!owner:パスワード:」と入力すると、ホスト名が変わった場合でもメール欄に
.    「!owner:パスワード:!stop」等によりコマンドを実行できます。コロン「:」の存在に注意。
.    その他詳細はググりましょう。
※07:本文中に「!parupunte」または「!aparupunte」と入力するとパルプンテを唱えられます
.    ただし、非常に強力な呪文のため現状1レスにつき1回までしか使用できません
.    ここぞという時に使用しましょう
.    「!parupunte」は文字のみ、「!aparupunte」はAA付です
※08:本文の行頭に !color:RRGGBB または !red !blue 等のコマンドを入力することでその行はコマンド通りの色となります
.    メール欄に !color と入れて書き込むと少し詳しい説明が表示されます
※09:名前欄に「!henshin」を記入することで変身出来ます(日付とホスト名で固定)
※10:本文中に「!hougeki」と入力すると砲撃できるときがあります。パルプンテ同様1レス1回のみ
※11:本文中に「!shoukan」と入力するとキャラクターを召喚できるときがあります。パルプンテ同様1レス1回のみ
.    AA無しはこちら→ !nashoukan
※12:本文中に「!gacha」と入力することでガチャが引けます。パルプンテ同様1レス1回のみ
.    ただし、以下コマンドを入力することで10連ガチャが引けます(召喚機能も合わせれば最大11連)

      ・10連ガチャ
      ガチャ01:!gacha
      ガチャ02:!shoutai
      ガチャ03:!shouhei
      ガチャ04:!chouhei
      ガチャ05:!shouchi
      ガチャ06:!shoushu
      ガチャ07:!kanmon
      ガチャ08:!choubo
      ガチャ09:!koshu
      ガチャ10:!douin

      ・AA無しはこちら
      ガチャ11:!nagacha
      ガチャ12:!nashoutai
      ガチャ13:!nashouhei
      ガチャ14:!nachouhei
      ガチャ15:!nashouchi
      ガチャ16:!nashoushu
      ガチャ17:!nakanmon
      ガチャ18:!nachoubo
      ガチャ19:!nakoshu
      ガチャ20:!nadouin

.    なお、ガチャに追加して欲しい作品・キャラクターがありましたら、ガチャ機能に関する状況報告・連絡・要望スレッドへその旨書き込みください
.    AAの指定や作品のみ指定しAAは管理人に任せるという形でも大丈夫です
.    内容を確認・検討した後、ガチャに追加への判断をさせて頂きます

<お知らせ>
スパム対策として
http://〜
を含むワードの書き込みを一時的に不可能(置換される場合あり)にしています
h を取って  ttp://〜 と書き込みをお願いします
ご不便をお掛けして申し訳ありません


〇キャップの利用方法と留意事項(現在したらば掲示板以外は受付停止中)

利用方法
・メール欄に「#」+「お送り頂いたパスワード」と入力してご使用ください。
・「sage#」+「お送り頂いたパスワード」と入力すると、スレをsageつつ書き込めます。

留意事項
1.投稿制限の設定を変更し、規制が解除された場合、キャップを削除する可能性があります(その場合、管理スレ等でご連絡致します)
2.キャップパスワードの第三者への開示等は 禁止 です
3.荒らし・迷惑行為等で使われた場合、キャップを削除致します
4.不要となった場合はご連絡をお願い致します
5.不測の事態が発生した場合(例:サーバー障害等)、書き込めなくなる可能性があります

〇書き込み時の確認事項
・投稿者は、投稿に関して発生する責任が全て投稿者に帰すことを承諾します。
・投稿者は、話題と無関係な広告の投稿に関して、相応の費用を支払うことを承諾します。
・投稿者は、投稿された内容について、掲示板運営者がコピー、保存、引用、転載等の利用することを許諾します。
 また、掲示板運営者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。
・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第28条に規定される権利も含む)
 その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を含みます。)、掲示板運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。
・ただし、投稿が別に定める削除ガイドライン、掲示板の各種ルール、日本国内における各種法令に反するもの等に該当する場合、
 投稿に関する知的財産権その他の権利、義務は一定期間投稿者に留保されます。
・掲示板運営者は、投稿者に対して日本国内外において無償で非独占的に複製、公衆送信、頒布及び翻訳する権利を投稿者に許諾します。
・投稿者は掲示板運営者が指定する第三者に対して、一切の権利(第三者に対して再許諾する権利を含みます)を許諾しないことを承諾します。
・投稿者は、掲示板運営者あるいはその指定する者に対して、著作者人格権を一切行使しないことを承諾します。


〇いろいろ対応するかもしれない事例
・荒らし、またはそれに類する行為などと判断した場合
・依頼があった場合(じっくり調べてから判断します)
・その他の迷惑行為
・管理人が対応すべきと判断した場合


〇その他
・メール内容については各掲示板の管理スレにて公開する場合もあります

最新更新:20200503、20200518、20200615、20200621

カウント開始202005031500-

雑談板3とやる夫板100合算、同一ホスト名は弾いていないアクセス数と思われます
つまり通常ブラウザ(専用ブラウザからだと増えない模様)で更新ボタンが押される度に増える…



■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50 [PR]やる夫系雑談・避難・投下板(やる夫板)の緊急退避用[PR]  
レス数が10000を超えています。残念ながら全部は表示しません。

【R-18】◆GSpyI2J3e6の引きこもりルーム3号室

1 : ◆GSpyI2J3e6 :2021/05/01(土) 21:40:14.655924 ID:nC4BawLe
(´・ω・`)<現在、以下の作品を連載中でございます〜

【現行】 引きこもりやる夫がたまに学校行ったら異世界行き 〜 異世界転生キッコーマン 〜

ttp://yaruozatsudan.com/test/read.cgi/yaruzatsu01/1590576419/3770

↑が第一話となっております…

それ以外の過去作は『やる夫まとめくす』さんがまとめてくれてるみたいです…
ttps://yaruomatomex.blog.fc2.com/

↑にない過去作もあるっちゃあるけど、ここでまとめるのめんどいので
見たい人は根気強く探すよろし…

.

9952 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:25:17.653487 ID:nFiogBAV
乙でした

9953 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:25:59.722440 ID:k5jhd1j9

銃は、レベル無効なのかね

9954 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:29:35.737941 ID:mgm3MySv

今回も面白かったー
ありがとー

9955 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:32:44.211560 ID:DKqNpj7x
乙ー
時間がたつにつれて数は増えるからなぁ…

9956 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:33:16.282519 ID:tCR3BC+L
流れ着いた完全な「異物」ならLvとか関係ねぇ!でもわかるが
結局はこっちの技術製のもんでLvとか関係ねぇなしろものになるのかな、単純に威力がすごいのか

9957 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:35:54.485610 ID:SZVwn2eS
乙です

9958 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:36:33.656198 ID:2meTeHqG
乙です。たくみんの銃ヤバいな

9959 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:40:17.783555 ID:o/1kwWU3


9960 :常態の名無しさん:2022/08/05(金) 23:59:10.598565 ID:A1rlknv/
乙でした

9961 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 00:22:42.220458 ID:rmFUENGx

ステータスも重要だけど素の筋力とかも大事なのは今までもそうだったしステ補正ないから通じなかっただけで弾丸の威力はレベル3あっても通るほどなのかね

9962 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 00:27:56.396431 ID:VrCOBF6u
奇襲、突然の轟音による硬直、未知で不可視の攻撃……とかが重なった結果ステ値が仕事しなかった、デキなかったとか?

9963 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 00:38:34.010783 ID:N3cVr5AD
誠の描写を見るとアルト以外にも効いてるし、そこそこ銃も脅威になり始めたがそれでもたくみんの力によるものだし、数的にカグヤの期待する世を変えるモノではなさそう
たくみん製なので、あるいは銃に似た別の武器かもしれないが

9964 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 00:38:53.916726 ID:spmiE9kk
銃弾は消費されることでスキルみたいに攻撃力上げてるのかもしれない
銃から発射され標的に命中したときのみ攻撃力プラス10みたいに

9965 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 01:01:33.521226 ID:xtlCvk/o
アルトの防御は8なので、太陽が出てない日に盾でカバーしてない箇所を威力8以上で撃たれるとダメージを負う
銃の場合、突進攻撃と違ってくらった時に受け身でダメージ軽減のような方法がないし、撃たれた時に体内にダメージが広がるのが深刻だろうな

9966 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 01:09:06.747359 ID:69mu/7wi
街の外うろつける強さのやつの物理攻撃に+銃の威力が、防具薄いところにささったのかね

9967 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 01:13:25.650863 ID:xtlCvk/o
@(3、2、1、1) → A(5,4、1、2) → B(10、7、2、5) → C(20、14、4、10)

ステが倍々で伸びているなら、コーネリアのステの変遷はこんな感じか
Lv1〜3の頃は優秀だけど飛びぬけてはいないな。Lv2では一夏が、Lv3ではユーノの方が総合値が高いし

9968 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 01:21:17.912097 ID:69mu/7wi
しかし、わりとステ伸びた女性が王族として登場か。やる夫以外になんかステ伸ばす方法確立されてるのかね

9969 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 01:27:21.998383 ID:/nTzvGma
筋力差でも結構威力に違いがありそうだし
剣よりずっと殺傷力の高い銃ならまあこうなるやろう

9970 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 01:49:16.301578 ID:FLXcIojC


9971 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 01:58:01.363717 ID:wd4LSUBs
乙でした
もしかしてよりイメージした銃のほうが強いとか、何らかの形でレベルを上げる方法でもあったのかしら

9972 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 02:52:55.483031 ID:xtlCvk/o
やる夫と関係を持った女性を除くと、栄養状態が良好+早熟ではないとステの伸びが良い。スキル習得は戦闘やそれ以外の経験の影響が大きい
身内や雇ってる人間が複数レベルアップするような大きな家の人間は、経験則的にこれらの事情は知ってそうだね
ただ上記の件にも例外はある。例えばできない夫は栄養欠乏状態でレベルアップしたのに、ステの伸びが理想的だし

9973 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 05:33:01.331456 ID:1dUsLwwJ
ステに関しては皇族だし、チートアイテムの一つや二つ使っててもおかしくない
むしろ、皇族以外が使っちゃダメなアイテムだろうが


9974 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 07:05:16.813985 ID:mpJuKj0b
今回の事件とは関係ないが冬の森は危険みたいだな。冬眠中の何かがいるということだからレベル2ハンターとか危険そう

9975 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 08:21:14.540227 ID:wK+jiZ6v
乙です!

9976 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 09:36:26.660220 ID:nbUySoCN


9977 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 12:09:43.838667 ID:srP3bx6/
栄養状態の良さって経験値が入る容量、ひいてはレベルの上がりの遅さに比例させるのだろうか…………

9978 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 12:30:17.847466 ID:ZSt7Wbuy
アルトからちゃんと事情聴取していれば、相手が人だったことがわかるだろうけど、
事情聴取できなかったのか、しなかったのか、したのに情報が伝わらなかったのか…

9979 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 14:41:11.885415 ID:LdA8FiQX
アルト意識不明なんじゃない?
ポーションの使用が遅れたって言ってたから倒れて巡回のハンターが見つけたときには危険な状態だったんでしょ

9980 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 14:46:28.719857 ID:9JKxhFnG
下手するとこのままアルト助からない可能性があるよなぁ

9981 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 17:43:11.907171 ID:hbZKZ4vd
コーネリアのステ値合計48

やる夫は53、ルイズとキュルケが46だから・・・

レベル4としては微妙?女性の前衛としては妥当?

それともやる夫とルイズ、キュルケが異常?

9982 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 17:51:51.803585 ID:iO9T19HT
間違いなくやる夫が異常

9983 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 17:52:15.325635 ID:JxVYtmO5
なんかブーストされてもおかしくないな
すっぽんに成長保進があるしランスの皇帝液みたいに女の方もブーストされてるかも

9984 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 17:58:05.560542 ID:81p2jF95
Lv3の上澄みがユーノ達なので、それを大きく超えているやる夫たちが高すぎるのよね
待機組かつLv4と戦う場合攻撃は任せれば良いと言ってたから平均以上は十分あるはずよ

9985 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 18:01:07.857037 ID:NqmlDquO
乙でした
アルトが意識戻ったら人間が相手だって分かるんだが
意識戻らなかったらいつになれば終われるんだこの依頼
あとアルトはPT組まずに派遣されてたのかな

そしてLv4の対象はグリズリーやドラゴンなのか

9986 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 18:18:52.463909 ID:VuOqlai+
他のLV3の男連中と比べたら可愛そうになるくらいやる夫たちが異常なだけだよ

9987 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 18:21:49.621505 ID:Hi5m6d+a
やる夫一人でも頭2〜3つ抜けてるし
更にやる夫効果でPTメンバーも成長著しいからな
その上で人数は正義であり応用力の幅でもあるから

9988 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 20:22:29.994341 ID:kVuBOhme
やる夫はあくまでもタンクでLv2狩場ならともかくlv3狩場だと攻撃力不足だがPTで攻撃は勿論回復遊撃など高レベルに揃えてる
lv3達の人間関係見てるとLv4含めてもPT完成度高そう

9989 :常態の名無しさん:2022/08/06(土) 21:51:34.878556 ID:xtlCvk/o
>>9981
多分やる夫達が異常
コーネリアがLv3の時は現状のステの半分すると、それでもLv3の上澄み(意欲があればLv4を狙える層)より少し低い程度で、かなり優秀な部類になるし

9990 :常態の名無しさん:2022/08/07(日) 21:12:37.324773 ID:AFjx3kmj
やる夫も攻撃14でLv3でも上澄みと思われる東側物件に住んでる前衛攻守二人と同等以上だからLv3狩り場で攻撃力が不足ってことはないと思う。


9991 :常態の名無しさん:2022/08/07(日) 21:15:34.178200 ID:6pJkMdYE
アルトがなんか言ってたから銃声聞きつけたモンスターの襲撃があの後あったかもしれん。
射手がやられてたらまぁなんかしら見つかるもんもあるかもね

9992 :常態の名無しさん:2022/08/07(日) 21:21:52.250617 ID:SROfc0jA
重要そうな任務をしてるとはいえ本当になんで敵地に行く部隊に希少そうな拳銃もたせたのか分かんねえ
武器の設計思想が違うとはいえ迂闊すぎて裏を勘繰ってしまう

9993 :常態の名無しさん:2022/08/07(日) 21:46:04.281292 ID:Jsfx0cuR
玉木が銃特化のバフスキルを持ってたとか、捕まったら末端の人員にまでいきわたるほど
新兵器が潤沢にあるとハッタリを利かせるためとか、密輸の交換品目が銃でちょろまかしたとか

9994 :常態の名無しさん:2022/08/07(日) 21:50:55.218654 ID:SROfc0jA
>銃特化のバフスキル
そんなのあったらこんな半端仕事させてない
>捕まったら
密輸なのに捕まる前提の予防策はおかしい
>ちょろまかし
戦況を変える貴重な武器に対して管理がお粗末なのは考えにくい
無いとは言えないけど、やっぱり持ってた理由が弱い

9995 :常態の名無しさん:2022/08/08(月) 21:14:43.884359 ID:TaQIqNB8
人間のやることは自己中適当その場しのぎで合理的じゃないこともたくさんする
カグヤ自身も部下からたくみんひとりで今の状況をどうこうできないことは説明されて自覚してる
だから、適当に配って相手にステ持ちに対抗できる武器があることを周知させるのもありといえばあり


9996 :常態の名無しさん:2022/08/08(月) 21:51:34.503660 ID:fEqM3+T4
この密輸玉城の独断くさいから案外勝手に銃を持ち出していたんだったりして

9997 :常態の名無しさん:2022/08/08(月) 22:24:10.376078 ID:1b5YkOCV
一応候補は確保できたけどまだ力不足だし
救世主になりうる転移者の確保ってヒノモトで一番重要な任務だろうから貴重な装備を任されていても普通では?
あと密輸しているから玉城は敵地に来てるけど任務できていた地点は政庁管轄域と言ってたから表現的には自国内のはずだよ

9998 :常態の名無しさん:2022/08/08(月) 23:23:14.003769 ID:v0uz3T/h
政庁管轄地は扇とかと一緒に任務で来てた地で密輸の件とは別でしょ

9999 :常態の名無しさん:2022/08/08(月) 23:49:00.979006 ID:Yg5hnyRc
何にしても玉城の程度が低すぎて違和感が余計にデカくなってる
もうちっと優秀そうなら多少無理筋でも持ってる事もあるかって思えるのに

10000 :常態の名無しさん:2022/08/09(火) 00:07:56.924863 ID:Bngfnuwl
>>9998
いや>>9992で何で敵地に行く部隊に銃をってあったから
敵地にいるのは任務じゃなく密輸しているからであって
部隊の任務としては言う通り自国内だからおかしくは無いって話

10001 :FF\さん:1800/03/10 15:17:35.524136 ID:zidane


                                                 ._,
    い 一 大               .i~=,,    |ヽ             _,,,--=~  |      孤
    っ 人 丈               |\~=-,  | ヽ,-=─,,__,,-==^~,,,=-,=~,:;/ :;i        独
    ぱ で 夫                i ヽ  ヽ=i,,ノ::::::::ヽ;:;i;ヽ=,, ,,-~,__...,:;:: | ;:/
    い 投 だ                |,,-~;:/:;::/::;/:::://::j;:::::|i;:::\   , ::::,,ノ /
    や 下 な               /;:::/:;/::/;::/:::;:/ji;:|;::::::/;::::ヾ;ヽ、;:~;:::  /
    っ す  ん              /::;;;;/::/::::;/;::;ノ;:::/::/:/::::ノ:::j;:::::\,,,,-=~-,
    て る  て              |i;::/;:;;;:;/;:;;//:::/::;;:::::|/;:::::/:i;:::::::ヾi;:::::::::::~=,
    く  と  思              .i;;//:;ソ;:::::////;//;::::/;j;:::::i;:l:::|i;:::::::::;:::::ヽ
    る さ  わ              i/^|;/::::/  |:/-=|/-/;;,:/ |;i;:::::::|;;i;:::|,;::::;;:::::::::ヽ
    の み  な                .|;:/,,.   "  _,,|/` ./;;/;:::::::|i;::::|i,;::::;;::;:::::::ヽ
    ・  し  い                    .i/i,(::::)    /(:::::ヾ  ./::/;::::::::::|i;::::il;;::::::;;::;::::::ヽ
    ・  さ  で               /;/,~┌    ~^~~` /;;;:::::::::::::/:;::::|il;:::::;;:;;::::;:;:il
    ・  が ・              /;:::/          ,,-=~;;;;ノ;::::::::::/:;::::::::|;::::::::;::;::::;:::||
          ・            ,,,-~;/;;i  ー-   -=~;=-,/;:::::;:::::/;::::::::i;:|ヽ,;::::;:;:::/;:::i
          ・           -~,,-~;/:;ヽ     ~^^フ;:::-=~;:::::,,-=~;:::ノ;::::/;il i|;:::;/;:::丿
                    /~;:/;:::;:::: \_<~;:";::::::,,,,-=-~;::;:/;::::/:;//;/;:::::::/
                  ,,-=~;:-=~;:::-==~^ ̄ ̄~=-;;:--=;;-:;::::~;::::,,-=~;:/;::,-~;:::::::/
                  ~=-;;:-=^;:|~  ヽ、     ~^=-:;;::::,,-=~;::::.,-~;::,-~;::::::,,-~
                      -"~ヽ   .`   ::::::::.........  ̄ ̄=-,;;;::::::_;:,,-=~
                        `i| '''..........  '''''::::::::.......'':....   ̄ ̄=-,
                       _,,>-=~二三ミ=-,,, ::::::::::.........   /
                       / ;::: :;:::: ~~^ヾ-,, ~=-,,ヽ,,,     ./
                     / ;:::; ..;::  :`;::ヽ \ヾゝ=−─,,,../
                    /  :::'' ..::'' ..'' ヽζヽ/  =---,,,二~=,



                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          /          ヽ、_
                    / ̄ ̄、          /   `ヽ
                   /     ヽ           /  ,  `、
                   /    、  `、       /  /   |
                  ,'|    `、 ‘、      /   |.     |`、
      た だ 好     / |     `、 `、     /.   丿    | |             求
      ま け き     |. `、     `、 |       /  /    /  |          道
        に  ど な     |   `.、  ,,,..‐┴'‘`丶‐─┴.┴、   /.  |
        は  ・  ス     |     y'゜            `〜'    丿
        落  ・  レ     \   /                }  /
      と  ・  立       `.-ー|                 `/
      し    て         .丿  ,〜'~~~~~~~~~~~~~`〜、 \
       て    て        /  , ', 〜'~~~~~~~~~~~~~`〜、` 、丶、
      欲    悪       /.  ┌┘ ∧       ∧  〜、` 、 >
      し     い      //~~<}ヽ   <○>    <○> / ̄∨
      い    ア      レ__|T|.\丶、.∨_ _ _._. _ _ _ _∨, ‐''/.|T|\___
      ア    ル     / | | |   ` ‐ 、___________________, ‐ '′ | | |   \
      ル    か        | | |       |  . |    |      | | |
      よ   !!       | | |       |   .|    |     | | |
        ・              | | |       |.   |    |     | | |
        ・             ///      | .  |    |       | | |
        ・             | | |      |  . |    |        | | |
                   | | |       |   .|    |      | | |
                   | | |       |.   |    |         | | |
                   ///丶     .| .  |    |        /| | |
                   | | |  \    |  . |    |      / | | |
                   | | |   \  `‐‐‐−‐‐‐'   /   | | |
                   | | |     `──────一′    | | |


                     /::::::::::;、-'"::::::::::::`ヾッ'三::::::::::`ヽ、
                   /::::::::::/::::::::;、-'" ̄`ヾ;i/::::::`ヽ、::::::\        純
・   確  本  避      /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::/:::ミ:|/‐-::、:::::::::\::::::\       真
・   か  当  難     /::::::::::::::::::::/::::::::::::/::::::;ィ:|-- 、:::::\::::::::::::::::::::ヽ
・   め  の  所    /:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::/|::|   \::::\:::::::::::::::::::゙!
で   た  自  で    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/  |::!      ヽ:::::ヽ::::::::::::::::::|
も   い  ス  は    |::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::/   |:|        ',:::::::::::::::::::::::::|
・   の  レ  な    ||::::::::::::::::::::::::::::::/  |::::/   |:!_,. ---- 、 ',:::::::::::::::::::::::::',
・   ・   を   く    |!::::::::::::::::::::::|:::/ニニ|/   |!‐''"二 ̄   ゙!:::::::::::::::::::::::::゙、
・   ・           !::::::::::::::::::::::|/ ,ィ':::Tッ、 ::    rL::上!ゝ  |:::::::::::::::::::::::::::!
.    ・           |::::::::::::::::::::::|  `´ ̄  .::l             |:::::::::::::::::::::|!:::|
                |::::::::::::::::::::::|      .:::|             ト、::::::::::::::::::|ト、ヽ
                ',::::::::::::::::::::::',      `゙ ´           /`´:::::::::::::::::::||::|ヾ、
                ',:::::::::::ヽ:::::::ヽ    ー ---一     //:::::::::|::::::::::::::| |:!
                 ゙、::::::::::ヽ:::::::::\    `ー       //::|ィ|::リ|:::::::|::|::|リl:!
                  ヽ:::::::::ヽ:::::::、:::゙ヽ、       ,、-'|::/i/リ″'´||:::::从|:|  !
                   ヽ:::::::ヽ:::::i::ヽ:::j`` ー--‐'"   |'′    ||:::/!´リ
                    ヾ;、::ヾ::ヽヾノ ヽ、_____ノ |       |i:/
                   ___,、-ヘ-イ´ ``ヽ、 ______ノ \    !′
                ,、-イ|  |  |  |               |`'へ、
              /    ||  | /   |             /  | | ``i、
             /     ||  | /    |            /   | |  | | \


         .    / /`\  ト..      / )>,、_____彡'゙  |  ゝ.,辷ァ冖冖彡'゙ノ/∧
          _,、く,/   \_|::::\.  ,ノ{ ヾ `¨¨¨¨¨´   _ノ|\   `¨¨¨¨¨´____彡<}ヽ
         '⌒ア゛      _ノ::::::::::\i( ̄\(二二二ニ -‐彡个く_   ‐-==ニ二三/厂)i,_
   迷      '"´    _,,.、≦⌒:::::_、i( ̄ 、'⌒≧=ー---‐=≦⌒ }i{⌒≧=‐-===-‐≦⌒ ノ厂)i,_            何教真ス
   立     __,,.、≦⌒:::::::::::::_、i( ̄ 、`二=一____、 __,,..=-‐}:{ ‐-= 三三三二=一 ⌒ノ厂)i,、            のえに.レ
         =ミ:::::::::::::::::::::::::{   、`二=一____、`__,,.. =-‐}:{  ‐-= 三三三二=一 ⌒_ノ厂}             たて自の
            `'=.:::::::::::::::\`二=一____、`______,,... =-‐ }:{   ‐-= 三三三二=一 ⌒ノ/          め欲分為
             _,,≫-‐≦⌒\_____、`______,,...  =-‐  }:{    ‐-= 三三三二=一/            にし のに
         =ニ二ア゙  //'"⌒7>..,______,,...  =-‐    /∧      ‐-=  二二二>'`             スい為生
         /_]/   /(/   ;__,,//__.ノ/]≧=ァ‐---┬‐ぅ冖ミ'¨¨¨彡冖ぅー┬-===-‐=i(_   _..、-‐=n、        レ  なき
         _]/   /(/   ;__,,//__.ノ/Vi'i'i'illハ: :   ^'冖'^ノ ..:| ;  ^'冖'^   . :lili'i'iV个≦ニニ⌒ヽ⌒>,、      を  のる
         _i|1ノ:/(/(  ;__,,//__.ノ/Vi'i'i'i'ill|::::         ::j! ; .       . : : |lli'i'i'iV〉=‐-=ニニ∧/⌒>,__    立  かこ
         _i|1:∧/⌒ ;__,,//__.ノ/Vi'i'i'i'i'ill|::::::、       r'"   :: :..,      ,: : : : |lli'i'i'i'iV〉=‐-=ニ二∧//⌒Il三二 て    と
         _i|1{ i{  __,,//_/;/Vi'i'i'i'i'i'ill|::::::^:.       ⌒ ー'⌒    .:^ : : : |lli'i'i'i'i'iV〉=‐-==二}ハ//∧‐-  .る    は
         _i|1{ |{ _ノ⌒|{ _.:;i|/|i'i'i'i'i'i'i'ill|::::: : ;:.                : : : : : : |lli'i'i'i'i'i'|/|i:=‐-=二}ノ|// }l‐- .の
         _i|1{ |{  〃 |{  ,:il|/|i'i'i'i'i'i'i'i八:.: :/ , -――‐‐  ‐―‐- 、 . . . . . .八i'i'i'i'i'i'|/|li\_;‐-=}ノ|(  }l‐- .か
         _i|1{ |{  l| ;|{  ,:ll|/|i'i'i'i'i'i':'i'i'∧::.                     . . . . /i'i'i'i'i'i'i'i''|/|ll   :‐-=}ノ|   }l‐- ..
         _i|1{ |{  l| l|{  ,:ll|/|i'i'i'i'i':':'i'i'i'i'i〉;                 . . . /i':':'i':'i'i'i'i'i|/|ll   :‐-=}ノ|   }l´"'::..
         _i|1{ l|しハ_j|{_ ,:il|/|i'i'i':':'i'i'i'i'i'i'i'i'〉、                  ./i':':'i'i'i'i':':'i'i'|/|li   :‐-=}ノ|  /′:.... .
         _iい〈∧(   V( __,;l|/|i'i':':'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i\              /i'i':':'i'i'i'i'i'i'i'i':'i'|/|l  .:‐-=/W  / :...... .
         __,iい〈∧i:,  V( ,ノV|l'i':':'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'iぃ.,,_      _,,.イi'i'i':':'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i/V(_ .:‐-=/W  / :...... . .
         __iい〈∧i:,   V( ,ノA|i':':'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i']」TiTiT」['i'i'i'i'i'i':'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i/V(_ .:‐-=/W  / :...... . .
         ___,iい〈∧j,  V( ,ノAi':':'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i':'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i/V(_ .:‐-=/W  / :...... . .
         ___iい〈∧i,  V( ,ノAi':'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'/V(_ .:‐-=/W  / :...... . .
         ____,iい〈∧i,   V( ,ノA,i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'/V(_ .:‐-=/W  / :...... . .
         ____iい〈∧j:,  V( ,ノ/\i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i'i/V(_ .:‐-=/W ./ :...... . .


                    ___,,..-‐''`゙""''-、,_                ス
                     /: :.7: : : :.i: : : : : i: : : \          理  レ
        新             /: : /: i: : : :i: : : : : i: : : : : \         由  を
       ス            /: : /: :/: : : :.i: : : : 7: : : : : : : ヽ     が  立
       レ            7: :./: :/、: : : :,i: : : : i: : : : : : : : : ヘ      い   .て
                 7: :/: :/ ヤ: : :.i: : : /: : : : : : : : : : ハ     .る   .る
                 i: ://i ,li>i: : : i: : /: : : : : : : : : : : : i    か  の
                ヘ:/:i,-'  7: : :/: /: : : : : : : : : : : : : i.     い   に
                 'ヘi〉_、 /: : /i:./: : : : : : : : : : : : : :/    ?
                   ハ /:,/ i/ ヽ : : : : : : : : : : /
                  , -'"'ー-、 __,   i: /: /i: : : : /
                      ( '"::::::::::::i/i::/:::ヽ: :/
                     ,--'::::::,,-'"二,`゙''-、 i: ヽ
                     く:::::::::::/    "ヽ;::ヽ: : \
                   /〃/:/       'i:::::iヾ\\
                    〃./:::i  i        7:::::|
                     |.i::::ヘ i      i::::::|
                     ヘ::::、:::::|     |::::::|
                      ヤ::::::::!      /::::::i






                                                     やる夫系雑談・避難・投下板(やる夫板)3
                                                     ttp://yaruozatsudan.com/yaruzatsu01/

3691KB
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス